略歴:

1978年3月24日、大阪府生まれ。2006年、大阪大学大学院 情報科学研究科 情報数理学専攻 博士後期課程修了(博士(情報科学))。 06年4月より、大阪大学にてJST研究員(CREST)。 07年4月より、東京大学にて特任助教(NEDO特別講座)。 11年4月より、東京大学にて特任研究員(NEDO先導研究、12年12月よりNEDOエネルギーイノベーションプログラム)、14年10月より現職。 専門分野は光情報処理、情報光学、ナノフォトニクス。

最近の動向:

2016/11/10  Upcoming   2017 Japan-Korea Joint Symposium on Advanced Solar Cells [2/9-10, 九州大学]にて、招待講演を行います。
2016/11/10  Upcoming   レーザー学会第37回年次大会 [1/7-9, 徳島大学]にて、招待講演を行います。
2016/11/10  Paper   原著論文が出版されました (N. Tate, T. Kawazoe, S. Nakashima, W. Nomura, and M. Ohtsu, "Development of Zinc Oxide Spatial Light Modulator for High-Yield Speckle Modulation," IEICE Trans. Electron., Vol. E99-C, No. 11, pp. 1264-1270 (2016))。
2016/08/16  Talk   九州大学大学院システム情報科学府・研究院 2016年度先端サマーセミナー [8/16, 九州大学]にて、講演("新しい光技術を担う「飛ばない光」 ―基礎物理と応用―")を行いました。
2016/05/12  Talk   The 2016 EMN Droplets Meeting (EMN Droplets 2016) [5/10-13, San Sebastian]にて、招待講演("High-yield optical energy conversion based on nanophotonic droplets")を行いました。
2016/04/20  Event   公益財団法人 東電記念財団 平成28年成果報告会・贈呈式 [4/20, 日本工業倶楽部]に出席致しました。
2016/01/20  Book   著書(「近赤外・紫外線-波長変換と光吸収増大による太陽電池の高効率化技術」、共著)が発刊されました [S&T出版]。

これまでの動向 はこちら
E-mail: tate[at]ed.kyushu-u.ac.jp