略歴:

1978年3月24日、大阪府生まれ。2006年、大阪大学大学院 情報科学研究科 情報数理学専攻 博士後期課程修了(博士(情報科学))。 06年4月より、大阪大学にてJST研究員(CREST)。 07年4月より、東京大学にて特任助教(NEDO特別講座)。 11年4月より、東京大学にて特任研究員(NEDO先導研究、12年12月よりNEDOエネルギーイノベーションプログラム)、14年10月より現職。 専門分野は光情報処理、情報光学、ナノフォトニクス。

最近の動向:

2024/05/06  Talk    "Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) [5.5-10,Charlotte, USA]"にて、 口頭発表("Spectral-Polarization-Selective Magneto-Optical Effect by Al-doped 4H-SiC Device with DPP-Assisted Annealing")を行いました。
2024/02/15  Media   矢野経済研究所「Yano E plus」2024年2月号(No. 191)「次世代市場トレンド:次世代AI・コンピューティング技術(3)〜リザバーコンピューティング〜」にて、研究内容が紹介されました。
2023/12/18  Talk  "The 13th Japan-Korea Workshop on Digital Holography and Information Photonics (DHIP2023) [12.18-20,B-con Plaza]"にて、 招待講演("Sequential one-dimensional spatial processing based on quantum dot reservoir computing")を行いました。
2023/11/17  Paper   レビュー論文が出版されました("Quantum-Dot-Based Photonic Reservoir Computing," Photonic Neural Networks with Spatiotemporal Dynamics, Paradigms of Computing and Implementation, pp. 71-87 (Springer, 2023))。
2023/09/08  Talk    "Information Photonics 2023 (IP'23) [9.8-9,New Taipei]"にて、 招待講演("Performance analysis of spatio-temporal optical reservoir models based on quantum dot network structural features")を行いました。
2023/06/10  Media   日本光学会・学会誌「光学」第52巻、第6号「2022年 日本の光学研究」にて、研究紹介記事『光×AIを志向する蛍光情報処理 量子ドットネットワークが示す非線形蛍光応答の解析』が掲載されました。
2023/03/15  Talk  "2023年春季 第70回応用物理学会学術講演会 [3.15-18,上智大+オンライン]"にて、 一般講演("空間並列リザバーコンピューティングの光学実装と評価")を行いました。
2023/03/07  Talk  "2023年電子情報通信学会総合大会 [3.7-10,芝浦工業大]"にて、 招待講演("量子ドット分散型光ニューラルネットワークの開発とその機械学習応用")を行いました。

これまでの動向 はこちら
E-mail: tate[at]ed.kyushu-u.ac.jp